はてなPress!

プログラマーとしてアルバイトをする、大学生です!徒然なるままに綴ります。

ちくわパンを食べてみたよ

 

こんにちは。ちっちゃくらです。

 

 

ちくわパン。


f:id:nottkun:20161126080618j:image

 

名古屋にある、鶴舞駅のパン屋さんで見つけました。

 

ちくわプロフェショナルの血が疼き、つい購入。


f:id:nottkun:20161126080820j:image

 

この俺から逃げられると思うなよちくわ…。

 

 

 

ちくわぁぁ!!!!

 

 

 

以下、食べてみたレビューです。

 

ちくわパン。調和の取れた完成品。

食べてみて思いました。

このパンは、計算し尽くされた完成品であるということを。

 

この写真をご覧ください。


f:id:nottkun:20161126081202j:image

 ちくわパンの中身は、

 

 

  1. パン
  2. しそ
  3. ちくわ
  4. ツナ

 

の、4食品でなりたっています。

この組み合わせ、絶妙なんです。

 

食感・味・食べごたえ文句無し。

まず口に入れた瞬間。

ちくわの歯ごたえが、口を楽しませます。

 

そしてその歯ごたえに合いの手を入れるような、

ツナのうまみが味覚を刺激。

 

そしてそれだけでは終わらず、

しその香りが口いっぱいに広がる幸せ。

 

そうした一口一口を、ちくわパンは与えてくれました。

 

また、パンであることで食べごたえもよいので、ちくわパンは非常に満足度が高いパンだと言えます。

 

適材適所の役割分担

 このパンのいいところは、各具材が喧嘩をしていないことです。

 

食べごたえの役割。

食感の役割。

味の役割。

香りの役割。

 

それぞれが大切な役割を持ちつつも、

決して自分以外のテリトリーに踏み込まない。

 

まさにこれこそ、適材適所です。

 

まとめ

総じて、とても美味しく満足のできるちくわパン。

 

もし名古屋に来たら、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

 

きっと、あなたを満足させてくれるでしょう。

 

  

 

 

 

最近食費記録ができていませんが、

色々と立て込んでいて忙しいのです…!

反省して、月曜日からつけられれば、と思います。