読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし大学生の「食費など日記」

一人暮らしをする大学生です。食費とか、ミニマリストとか、色々!

市販の醤油ラーメンをスパイスで味付けしたら、旨すぎるんだけど。

こんにちは。ちっちゃくらです。

 

めちゃくちゃうめえええええぞおおおおおお!!!!!!!
f:id:nottkun:20161220015113j:image

 

これ!!このスープ!

普通に食べてもな、と思いアレンジを加えたらとんでもなく美味しくなった…。

 

スポンサーリンク

 

 

お店出せるんじゃね?お店出せるんじゃね?

 

事の始まりは、太麺だったこと。

12月19日、夜11時30分。

ラーメンが食べたかった僕は、閉店間際のマックスバリューでラーメンの材料を買いました。

 

「生麺なんて、絶対うまいだろうな〜〜♪」

 

家に帰るまでは、生麺の美味しさを想像して楽しんでいた。

悲劇に気づいたのは、ブログ用に食材の写真を撮ろうとした時だ。

 

パシャリ。

 
f:id:nottkun:20161220015158j:image

 

「麺とスープも、アップで撮っておこう。」

 

パシャリ、パシャリ。

 
f:id:nottkun:20161220015214j:image

 
f:id:nottkun:20161220015222j:image

 

「アアア・・・!」

 

なんということだ!!

買ったのは太麺なのに・・・

f:id:nottkun:20161220015214j:image

 

スープには、

『細麺によくあう』

と書いてある・・・!!!

f:id:nottkun:20161220015222j:image

 

っっああああああ!!!!!

くそおおおおおお!!!!!

 

・・・終わった。

 

僕は、完璧なラーメンが食べたかったのだ。

なのに、麺とスープの組み合わせを間違えてしまった。

 

「こんな間違いをするなら、素直にインスタントラーメンを買っていればよかったんだ・・・。」

 

数分前の夢見居心地が、幻の縮れ麺と一緒に消えていった・・・。

 

天の計らい、インドからのインスピレーション

落ち込んだ僕は、哲学の世界に逃げ込んだ。

 

「そもそも、なんで醤油スープは細麺に合うのだろう・・・?」

 

そんなこと、少し考えれば分かる。

 

「他のスープに比べて、サラリとしているからだよな・・・。

太麺だとスープが絡みつかないから・・・。」

 

当たり前のことを当たり前に思い出した時である。

僕にインスピレーションがおりてきた。

 

「スープが絡みつかないなら、とろみをつければいいんじゃ・・・!?」

 

天才の発想だ。

常人なら諦めることを、アイデアひとつでカバーしたのだ。

 

とろみをつけるための調味料として、一番に思いついたのは片栗粉だった。

でも、それだと面白みがない。

 

その時、スパイスでカレーを作ってきた、料理の勘がほほえんだ。

 

「カレーのスパイスだ・・・!

スパイスを混ぜて、とろみと旨味を調節しよう!!!」

 

そう、新たなる伝説の始まりである。

 

スパイス三銃士

 僕が今回使うことにしたのは、この三種類である。
f:id:nottkun:20161220020714j:image

 左から、

ガラムマサラ

コリアンダーパウダー

クミンシード

である。

 

ガラムマサラで、カレーの味を。

コリアンダーパウダーで、スープのとろみを。

クミンシードは、ひき肉の旨みを引き立てるために。

 

果たして、とこまでうまくいくのか。 

 

これがレシピだ。

油をひき、クミンシードを6粒ほど熱っして、油に香りを移す。

 
f:id:nottkun:20161220021812j:image

ラーメンに使うので、ごま油使用を選択。

その間、ねぎを切っておく。

 

これを・・・

f:id:nottkun:20161220021819j:image

 

こう!!! 

f:id:nottkun:20161220021830j:image

いい感じである。

 

ネギを切り終わったら、ひき肉を60gくらいフライパンに入れて、火を通す。

 

ひき肉の色が変わったら、ネギも入れる。

まな板に乗っていたネギの、半分くらいを入れた。

 
f:id:nottkun:20161220021853j:image

ネギがしんなりするまで炒める。

 

その後、 

コリアンダーパウダーと

f:id:nottkun:20161220021916j:image

ガラムマサラを入れて、よく炒める。
f:id:nottkun:20161220021928j:image
 

 

いい感じになったらお水を300mL入れて、沸騰させる。

沸騰させることで、スパイスの味を引き出すのだ。

 
f:id:nottkun:20161220022036j:image

 

最後に、市販のスープを混ぜて、特性スープが完成。

f:id:nottkun:20161220022046j:image

 

スープは以上。

 

次は麺だ。 

 

麺をゆでて、器に盛る。
f:id:nottkun:20161220022120j:image

盛って気づいた。器小さい。

 

だから大きいのにチェンジ。


f:id:nottkun:20161220022218j:image

 

そして、スープをかける。
f:id:nottkun:20161220022840j:image

完成だ。

 

以上が、特製ラーメンの作り方である。

 

実食。

「いただきます。」
f:id:nottkun:20161220023739j:image

 

 

「う、旨い・・・!!!」

 

まじ旨い。

 

普通の醤油スープよりも、少し黒い色のスープ。

スープを飲む飲んだ瞬間は醤油味だが、すぐにスパイスと肉の旨味が口を満たす。

麺を食べても、旨味が絡みつく絶妙な味わいだ。

 

麺をすする箸が止まらない。

 

 ・・・。

 

口に広がるのは、

旨味。

 

ただの旨味ではない。

スパイスによって引き出される、奥の深い、

インドの歴史が詰まった旨味である。

 

麺を食べ終えると、スープはもちろん、全て飲み干した。

 

完食だ。

 

まとめ

とんでもないものを開発してしまった。

インドと日本の、最高のコラボレーションだ。

みなさんもぜひ、作ってみてはいかがだろうか。

 

おすすめ記事

www.everydinner.com

www.everydinner.com

www.everydinner.com

 

スポンサーリンク