読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし大学生の「食費など日記」

一人暮らしをする大学生です。食費とか、ミニマリストとか、色々!

クリスマスに彼女と過ごせなくてよかった

 

僕には彼女がいます。

 

しかし、クリスマスイブも、クリスマスも一緒に過ごしません。

それだけではなく、クリスマスプレゼントも渡しません。

 

今回はそのことについて書こうと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

なんでデートしないの?

彼女に予定があることが一つ

単純に、会える時間が無いのです。

僕の彼女は、大学生なら名前を聞いたことはあろう、海外インターンシップ関係の学生団体に所属しています。

 

その団体の合宿がクリスマスイブから三日間(?)あるらしい。

(なんでクリスマスに被せて来るんだろう・・?わざと・・・?)

 

だから会えない。

 

それが主な理由です。

 

僕がクリスマスにテンション上がらないのが一つ

もう一つの理由は、僕がクリスマスにテンション上がらないこと。

僕は、

 

「クリスマスにデート・・♡」

「クリスマスイブに恋人と素敵な夜を・・・♡」

 

っていう類の文章を見ると、なぜか心が落ち着かず、その雰囲気から離れたくなります。

 

「♡」とか使っている文章なんて見るだけでムカつくし、

「人の欲を引き出して金儲けしようとする意図」が丸出しな文章とか、反吐がでるくらい嫌い。その雰囲気も嫌い。

なんで他人の都合で自分の感情を動かされなきゃいけないんだ。 

おんなじ理由で、「クリぼっち」みたいな単語も嫌い。

 

 

っていうか・・・・・・

 

クリスマスの出費の多さが気に食わない。

クリスマスのために恋人作るのがコスパ悪いってのは分かるけど

そうじゃなくても、クリスマスって出費多すぎない??

(今年は出費ないですけど、僕)

 

恋人がいるのといないのとでは、出費が何万と違うと思うんですよね。

貧乏学生としては、

そんなにお金がかかってしまうのなら、恋人アレルギーになりかねない。

 

自分のやりたいことがあるのに、他事にお金を使わなきゃいけないのがすげー嫌なんですね、きっと。

 

なんでプレゼント渡さないの?

むしろ、何で渡すのかわからない

僕からしたら、

 

「なんでプレゼント渡すの?」

 

って感覚です。

なんでプレゼントを渡さなきゃいけないのか、全くわからない。

プレゼントを欲しいとも思わない。

 

クリスマス前に、

「プレゼントいる?なくていい?」

 みたいなことを彼女に言ったら、

 

「人の情を理解していない」

と、言われました。

 

彼女に、「人の情を理解してない」と言われた

その通りだと思います。

 

思い返せば、情を理解していないエピソードがたくさん

「人の情を理解していない」と言われて、思い出す恋愛関係の事柄がいくつかありました。

 

小学生時代

小学校5,6の頃、同級生から手紙で告白されました。

「ただ思いを伝えたかった」みたいな手紙でをもらい、

その後手紙のやりとりを何度かしました。

 

僕は手紙をもらう度に、

その手紙をシュレッダーにかけていました。

 

親に見られたくなかったのと、

人の思いがたくさん詰まった手紙を持っていることが、精神的に苦しかったからです。

 

「いつかは捨てるなら、もらってすぐに捨てても同じだろう」

 

そう考えていました。

 

中学生時代

中学二年生の時、バレンタインのチョコレートをもらいました。

たしか三個の本命らしきチョコをもらった気がします。

想定外の事態にテンパった僕は、ホワイトデーのお返しとして、

それぞれの女の子に、

 

青いシャーペンの芯を上げました。しかも一本。

 

 これはひどい。

今思い出しても、ひどすぎるお返しですね。

 

当時の僕は、

「芯が青いならいいだろう」

という謎の確信を持っていました。

 

だってお金なかったんだもん。

もらった時に「ありがとう!」って言われたんだもん。

 

それだけで自分を正当化していたのですが、きっと相手を悲しませていたんでしょう。

 

高校時代

まだ数年前の出来事なので、詳しくは書きません。

 

高校生の時は、

自分に好意をもっている女の子から、ひたすら逃げました。

(逃げるは恥だが役に立つ、とか、そんなもんじゃない) 

 

一回お祭りに誘われて、そこには行ったのですが、それ以降、

その子と会わないようにひたすら努力をしました。

 

例えばバレンタインデーは、少しでもその子が視界に写ったら気づかれないように逃げる、とか。

 

ただ、好意を受け取るのが怖かった。

なんで怖かったのか、自分でもよくわからないですが。

 

人の情より我が事情

人の情を理解していない・・・。

それと同時に、一番の僕の問題点は、

「人の事情より、自分の事情を優先しすぎる」

ことかもしれません。

 

昔を振り返れば、

相手の気持ちをちゃんと受け止めることより、

自分の恋愛に対する恐怖心(?)とかを優先させていますし。

 

今だって、

「クリスマスプレゼントを彼女に渡さないのはお金がないから」

とかなんとか言ってるんだったら、手紙でも書けばいい話だし。

 

恋愛において、僕はすこぶる身勝手みたいです。

 

なんで情を理解できないんだろうか。

元々の性格もあるだろうけど

僕は小さい頃から、一人遊びが好きでした。今も一人でいることは大好きです。

そして、高校生のころから、禅的な考え方が好きになり、瞑想をたまにするようになりました。

長い時は2,3時間することもありました。

 

そんだけ瞑想をすると、自分の深いところと繋がる幸福感、みたいなものをしみじみと感じるようになりました。

 

もしかすると、それをやり過ぎたのかもしれません。

そのせいで、人の寂しさとか、不安とか、そういった感情に鈍感になったのかも。

 

恋愛に関係なければ、「優しい」とたまに言われる

僕は日頃、「優しい」と言われることがたまにあります。

ほんとに優しいかどうかは別として、そう言われるってことは、

ある程度は、人の気持ちに寄り添えているのでは、と思うのです。

 

振り返っても、

「人の気持ちを理解していない」

エピソードだと思い当たるのは、どれも恋愛が絡んだ時。

 

僕に恋愛は向いていないんですかね。もしかすると。

 

僕は人の情を理解しようと、無意識にもがいていたのかもしれない

いろいろ振り返ると、そう思う理解できる点がいくつかあります。

例えば、僕はテラスハウスという番組が好きだってこと。

www.fujitv.co.jp

 

この番組は、男女6人がシェアハウスをする様子を撮ったものです。

僕はその中で、

 

6人がどんな行動にでるのか

何がきっかけで悩み事が始まるのか

会話の中で現れる微妙な表情の動き

 

そういったことに惹かれてしまいます。

自分とは全く違った人たちが、どのように考え、どのように生活するのか。

 

見ているだけで飽きない。

それは、僕が他人の情を理解しようと、無意識に思っていたからかも。

 

例えば僕は、インドにものすごい惹かれるってこと

僕は2016年の9月に、インドに行きました。

そして2017年3月にも、インドへ行きます。

インドの人って、

 

感情で動いている

 

と言っても過言ではないくらい、情に厚いです。

(僕が行った地域だけだったらごめんなさい)

 

僕がインドに惹かれる理由は多くありますが、

インド人のそういった性格にも惹かれているのは

自分には無いもの、自分には理解できない性格に触れて、

今の僕が持っていない心を獲得しようともがいているのかも。

 

*2017/2/24~2017/4/5の期間インドに行ってまいります。

 

長々と書いてしまった。

色々と書いてしまいました。

自分でも、

自分が何をしたいのか、何を思っているのか、

わからない。

 

それだけ恋愛は苦手分野だ・・・。

逃げたい・・・。

 

でもここで逃げたら恥だし、

これからの人生に役に立たないと思っています。

 

ブログに書くことで、自分の考えを客観視できたら・・・。

 

と思っています。

 

 

*彼女のことを好きじゃない、というわけじゃないです。

好きです。

「好き」という感情と、その他の感情のバランスの問題でしょうか。

 

*既に、別れました。

スポンサ−リンク

 

 

おすすめ記事 

www.everydinner.com 

www.everydinner.com 

www.everydinner.com