はてなPress!

プログラマーとしてアルバイトをする、大学生です!徒然なるままに綴ります。

年末の帰省ラッシュでヒッチハイクしてみた。その②

こちらの記事の続きです。

(ヒッチハイクについて書くの、もう疲れた・・・)

 

www.everydinner.com

 

 

 

スポンサーリンク

 

二台目:警察官のご家族

ご夫婦と、お子様二人のご家族でした。

赤ちゃん可愛かった〜〜〜〜。

写真はないです。

移動距離:海老名SA〜静岡SA(139km)

時間は1時間50分くらい。

ながい〜。

 

車内での会話抜粋

お決まりの会話

運転している警察官の方(以降「運」):

「どこからきたの〜?」

 

ちゃ:

「東京からです!名古屋までいきます〜。」

 

運:

「ってことは、名古屋まで帰省?」

 

先:

「いえ、名古屋に住んでいて、用事があって東京まで来ていたので、その帰りです。

東京に行くときも、ヒッチハイクしました!」

 

運:

「ほおお!ようやるなあ〜!暇やな〜〜!(笑)」

 

 

お金はないけど時間はあるんです・・・。

 

何で乗せてくれたんですか?

ちゃ:

「なんで乗せていただけたんですか・・・?」

 

警察官の奥さま(以降「奥」):

「いや〜!なんか面白そうなことしてるから乗せてあげようと思って!テキトーな理由でごめんね〜(笑)」

 

先:

「いえいえとんでもない!乗せていただけるだけで神様です!ありがとうございます!」

 

奥:

「はっはっはっはーー!(笑)」

 

元気で、魅力的な奥さまでした。

 

警察官の方ってことは・・・

先:

「警察官の方ってことは、命の危険とか」

 

運:

「俺は経験ないよ(笑)拳銃も抜いたことないです(笑)」

 

先:

「あ、そうなんですか!」

 

運:

「まあ、危険な事件とかでも、数の力で押さえるね。相手が5人ならこっちは10人、みたいなね。だから、超危険とか、そういうのはないなあ。」

 

先:

「そうなんですかー。」

 

静岡SAにて

運:

「じゃあ、がんばってねー!」

 

ちゃ、先:

「「はい!ありがとうございます!」」

 

静岡SAで休息


f:id:nottkun:20161230212839j:image

ちゃ:

「おなか空いたのでご飯食べましょー」

 

先:

「いや、ちょっとやってからにしよう。勢いに乗りたい。」

 

ちゃ:

「えー!食べましょうよー!」

 

先:

「少しだけ・・・」

 

ちゃ:

「お腹すいたー!ごはんー!!ごはんー!!!」

 

先:

「わかったわかった。(笑)」

 

って食べたのがこちら。

 

おいしい豚肉丼。
f:id:nottkun:20161230212819j:image

どうせサービスエリアの丼だろ、と思って食べたら、

これが超うまい。

 

お肉の柔らかさもさることながら、

タレが美味だし、玉ねぎのシャキシャキ。 

 

 

お値段、850円。

静岡SAに来た際には、ぜひ。

 

あと、なんか変な遊具が、静岡SAにはありました。
f:id:nottkun:20161230213122j:image

ベンチですかね。なんなんだろう。

 

外に出て、名古屋と書いたスケッチブックを掲げて突っ立っていたら、

ひとりの男性のかたが声をかけてくださいました。

 

男性のかた(以降「男」):

「のせてあげるよ。」

 

一言目で言われたのでびっくりしながらも、

 

ちゃ、先:

「「ほんとですか!ありがとうございます!」」

 

しっかりと乗せてもらいました。

 

三台目:昔香港で働いていた男性の方


f:id:nottkun:20161230222645j:image

移動距離:静岡SA〜岡崎SA(114km)

時間は、1時間30分くらい。

 

車内での会話抜粋

会社

先:

「どんなお仕事されてらっしゃるんですかー?」

 

運転手の方(以降「運」):

「印刷機の会社に勤めてるよー。かれこれ三十年以上勤めてるねぇ・・・。」

 

ちゃ:

「おおー!ずっと同じ会社を続けていらっしゃるんですね!」

 

運:

「いやいや、褒められたもんじゃないよ。」

 

先:

「いやいや!すごいことですよ!」 

 

今は東京だけど

先:

「今は東京にお住まいなんですか?」

 

運:

「そうだねえ。家族で住んでる。昔は転勤でいろんなところに住んだねえ。」

 

ちゃ:

「そうなんですか〜。どんなところにすんでいらっしゃったんですか?」

 

運:

「ほんと色んな所に・・・。香港にも住んだよ。」

 

ちゃ、先:

「「香港!!」」

 

運:

「っていっても、まだ香港がイギリスの植民地だったころだけどねえ・・・。香港って、植民地だったんだよ。知らないか。」

 

先:

「いえいえ!知ってますよ!っていうことはかなり昔に・・・」

 

運:

「たしか、1995年だったかな・・・。楽しかったよー!」

 

ちゃ:

「僕、まだ生まれてない・・・!」

 

How about 香港 ?

ちゃ:

「海外で勤務して、印象に残っていることはありますか?」

 

運:

「そうだなあ・・・。自由だったことかなあ。」

 

ちゃ:

「自由?お仕事ですか?」

 

運:

「そうそう。日本だと何をするのもがんじがらめでねえ・・・。出張に行くだけでもいろんな書類を書かなきゃいけない。それが香港だとなかったからねえ。やるべきことをやれば、あとは自由。仕事も多くて、残業も多かったけど、それだけやりがいがあって、充実してたなあ。一番楽しい時期だったよ!」

 

ちゃ:

「うわぁ、いいなぁ〜!やりがいがあるっていいですね!」

 

岡崎SAで降ろしてもらった

運:

「じゃあ、がんばってね!途中まででごめんね〜。」

 

ちゃ、先:

「「ありがとうございました!」」

 

岡崎SAで一夜を明かす

岡崎SAについたのは、深夜12時頃。

30分ヒッチハイクを試みましたが、車が見つからず、SA内で一夜を明かすことに。

 

その30分のうちに、気になるものをはっけんしました。

 

 

片足だけ取り残されたブーツ。

どんなドラマがあったんでしょうか。

 

 

気になりつつも、夜を明かします。

 

 

・・・

 

 

翌日、朝6時。ヒッチハイクを始めます。

40分くらいで、乗せてくれる車が見つかりました。

 

寒そうにずっと立っているから、と声をかけてくださった男性に感謝です。

 

 

四台目:静岡から九州へ向かうカップルの方々

移動距離:岡崎SA〜尾張一宮PA(66.5km)

時間は一時間くらい。

 

車内での会話抜粋

劇団です

乗せてくれた女性の方(以降「乗女」):

「私劇団作って監督してるんだよ〜!」

 

先:

「えー!すごい!監督をしていて一番大変なことってなんですか?」

 

乗女:

「う〜ん・・・。自分がやってないことを指示するところとか、役者の個性と台本のバランスをとるところかな・・・。

監督の指示って、納豆が嫌いな役者に、『ショートケーキは好きって言ってたよね!そんな感じで納豆も食べて欲しい!』って言ってるようなもんなんだよ。

役者の個性を活かす方向に舵を切るか、台本を活かそうとするかで舵取りが変わってくるんだけどね。

そのあたりの調整が難しい。」

 

先:

「なるほど・・・。じゃあ、その調節とかをうまくするためにはどんな勉強がおすすめですか?」

 

乗女:

「とにかくたくさんの、映画や劇を見ることかな!いいものもわるいものも!

そうして、監督ごとの癖を読み取ること!

絶対に監督によって癖は出てくるから、どんな具合に舵を切れば良い演出になるのか、勉強するといいよ!」

 

先:

「なるほど・・・。」

 

旅好きです

乗せてくれた男の人(以降「乗男」):

「君は、旅行とか好き?」

 

ちゃ:

「結構好きですね〜!学生のうちにアジアにたくさん行こうと思っています!」

 

乗男:

「お、いいね〜。日本はどう?」

 

ちゃ:

「あ、日本もいいですね!できるだけたくさんのとこ旅したいです〜!」

 

乗男:

「いいね!旅行するなら、現地の人に聞くのがおすすめだよ!雑誌に載ってるのだけだと物足りないね〜。ゲストハウスか、泊まるといいよ!情報がたくさん入ってきておすすめ!」

 

ちゃ:

「ゲストハウス!泊まってみます!」

 

尾張一宮PAで。

この方々には、尾張一宮PAまで送ってもらいました。

お疲れ様、と声をかけていただいて別れました。

 

ヒッチハイク終了

尾張一宮PAは、徒歩で出入りのできるPAです。

そこから歩いて、最寄りの駅まで行き、名古屋駅までは電車を使いました。

 

今回、東京ー名古屋間の往復で乗せてもらった車は6台。

 

たくさんの方の親切心に助けられた旅でした。

 

www.everydinner.com

www.everydinner.com

www.everydinner.com

 

 

 

 

ヒッチハイクの終わりに竪穴住居

尾張一宮PAから、最寄りの駅まで歩いていたら、なんか発見しました。

 

 
f:id:nottkun:20161231204903j:image

竪穴住居。

 

なんで。

 

最寄り駅には、納豆が気になった的オブジェクトがありました。

 
f:id:nottkun:20161231205050j:image

 

なに・・・?

 

スポンサーリンク