読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし大学生の「食費など日記」

一人暮らしをする大学生です。食費とか、ミニマリストとか、色々!

インドでちょっと山登り。

 

インドは広い。

どれくらい広いかって言うと、日本の8倍以上。

 

ひろーい!すごーい!

  

そんなインドで、ちょと山登りをしてきました。

 

場所はダラムシャーラー。 

 

インドの首都、ニューデリーから、夜行バスで10時間くらいの場所です。

 

山に囲まれた場所で、至る所に村があります。

 

そのうちのひとつ、「バグス村」という場所の近くに、お手頃な山と滝があったので、登ってきました。

 

「バグス村→有名な寺院→山登り」というルートだったのですが、村の道はこんな感じ。

f:id:nottkun:20170331223917j:plain

ゲストハウスも多いので、観光者向けのお土産屋さんがたくさんです。

売っているのは、インドやチベット関係の服や雑貨。かわいいものがいっぱい(買わないけど) 。

 

この道を少し歩くと、大きめな寺院の入り口が。

f:id:nottkun:20170331224423j:plain

 

 この先には、ヒンドゥー教のお寺があり、その中に入ることもできます。入り口の前に靴を脱ぐ場所があるので、そこに靴を置けばよし。インドで神聖な場所に入るときは、大抵靴を脱ぎます。タージマハルもそうでした。

 

門の向こうには、なぜかプールがありました。村のこども達が楽しそうに泳いでいる。

(インドなのに)綺麗な水で、気持ちよさそう。

f:id:nottkun:20170401095544j:plain

プールの前には、シヴァ神の聖水です。

 

山登り開始

このプールを通り過ぎると、滝へ向かう山登りが始まります。

「どうせ軽く歩くだけでしょ?」と思っていたのですが、案外距離がある。

f:id:nottkun:20170401100026j:plain

この写真に写っている距離の四倍くらい歩いた気がします。所要時間は30分くらいかな。

この入り口の時点で標高は1500m越えなんです。酸素が薄いので、整備された道でも少し歩くだけで息切れしちゃう。日頃の運動不足が悔やまれる・・・。

 

でも、景色は綺麗。

f:id:nottkun:20170401100542j:plain

本当はもっときれいなんですよ!スマホじゃ美しさが三分の一くらいだ・・・。

実際には、空はよりひらけていて、遠くのほうに街が見えるんです。

 

滝の水は透き通っている。インドなのに。

目的地の滝についてびっくりしました。水が透き通っています。

f:id:nottkun:20170401100923j:plain

綺麗。水の温度は、とにかく低い。僕は足だけ浸かったのですが、一分も立たないうちに、足が痛くなりました。

パンツ一丁で水浴びしている人もいましたが、僕にそんなことはできませんでした。

 

インド人のカップルや家族連れも多く、賑わっている。

f:id:nottkun:20170401101137j:plain

 

f:id:nottkun:20170401101254j:plain

後から知ったのですが、この滝は、ヒマラヤの雪解け水でできているそうです。綺麗で冷たいのも納得。

僕の行った時期は水が少なめの時期で、多いときはこの三倍以上も勢いがあるみたいです。

 

滝壺には、オタマジャクシとカエルがたくさんいました。何カエルだったんだろう・・・。

 

また、滝とその川には、綺麗な石がたくさんありました。

それっぽく写真を撮ってみる。

f:id:nottkun:20170401102347j:plain

f:id:nottkun:20170401102511j:plain

いいねぇ〜〜!それっぽいよー!

とりあえず背景をぼかせばそれらしくなりますね。ふふふ。

ぼけている滝がいい感じ。

 

 

写真は撮り忘れてしまったのですが、川下では、チベット僧の方々が洗濯をしていました。服を石に叩きつけて、パーン、パーン・・・。

f:id:nottkun:20170401102737j:plain

広い自然の中で生きる人たちを見て、なんだか心がおちつきました。

 

日本で学生をして、バイトを掛け持ちして、心があれつつも忙しく頑張ったお金でインドに来た僕とは、全く違う環境を生きているんだなあ・・・。

 

そう考えると、世界にロマンを感じました。

自分が頑張っているその瞬間、世界のどこかでは、川で洗濯をしている人がいる。それぞれが自分の人生を精一杯生きている。

 

なんだか、人生頑張ろうって思いました(てきとう)。

 

意外と疲れた。 

滝の向こうにも山道は続いていて、もっとのぼると万年雪山のヒマラヤ山脈が見えるみたいです。でも僕にそんな体力はありませんでした(しかもサンダルでした)。

またいつか、ちゃんとした装備で山登りがしたいな。

 

 

あっ、ちなみに、山登りのあとはカレーを食べたよ。

f:id:nottkun:20170401103843j:plain

めっちゃうま。さすが本場。うま。うますぎてカレーになりそう。うま。

 

 

長文におつきあいいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

 

スポンサーリンク